メンテナンスをする

電動はブラス

 自分の歯とほとんど変わらぬ外見と機能を備えたインプラント、思わず人口歯であることを忘れてしまう、ということも。  しかしながらこのインプラント、実は手術後にメンテナンスが必要なものでもあるのです。ほとんど天然歯と変わらないと言ってもそこは人口歯、やはり自分自身の歯とは違います。細菌などに感染していないか、噛み合わせなど不具合が生じていないか、チェックしてもらう必要があるわけです。その頻度は歯医者さんや患者さんの状態によっても異なるので一概には言えませんが、手術後の最初の一年間はだいたい三か月に一度くらい歯医者さんに通う必要があります。その後も一年に一度くらいの定期検診はしなければなりません。当然そのための費用と時間もかかるということになります。  手術をしたら、はい、おしまい、というわけにはいかない、その後のケアによってインプラントの快適さや耐久年数に差が出るということは、しっかり頭に入れておきたいですね。

 何かと費用がかかるというイメージのインプラントですが、実は保険が適用になる場合があります。と言いましても、この保険適用条件、半端じゃやなく難しいです。まず第一に保険診療が出来る場所は病院だけです。病院とは20床以上の入院施設を備えた医療機関を指しますので、この段階でほとんどのいわゆる「歯医者さん」はアウト、ということなります。  また、適用される症例も、腫瘍や顎骨骨髄炎、もしくは外傷等により、広範囲にわたって顎の骨の欠損、または歯槽骨の欠損の見られる場合に限られています。ほとんどの人はこの症例に該当することはないでしょう。が、一応こうした場合には保険もききますよ、ということは覚えておいて損はないでしょう。欲を言えば、もう少し保険の範囲が広がれば言うことないですね。